忍者ブログ
軍事板「戦時中、戦場でのほのぼのとした話」スレまとめサイト
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

785 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 22:29:26.80 ID:uoURtoZB
昭和20年6月19日夜、国鉄豊橋駅。
大阪発東京行き夜行列車が、0時30分過ぎ、豊橋駅に停車した。

当時は蒸気機関車が列車を引いており、停車駅によっては石炭の燃え殻をボイラの灰箱から落とし、
いわばボイラの掃除をする必要があった・・・その作業を機関士と機関助士が行っていると、
機関車のところに走ってきたのが豊橋駅助役。
「発車時間まであと2分あるが、間もなく空襲が始まる、今すぐ発車してくれ!」

定められた発車時刻より早く発車するとは国鉄の規定違反ではあったが、
駅長の指示であり、何より、B29の不気味なエンジン音が豊橋駅から聞き取れるほどになっていた。

すぐさま発車した夜行列車の機関助士が、発車2分後、列車後方を振り向いて見たものは、
火の海に包まれた豊橋駅方面であった。
機関助士が機関士にそれを告げると、機関士も言葉を失っていた・・・が、

この夜行列車は15両編成、機関車まで合わせると全長は320メートルになる。
定刻2分前に発車したといったところで、最後部の客車の乗客は、
豊橋駅間近に落下した焼夷弾や爆弾を見たにちがいない、

それどころか、この夜行列車には1000人以上の乗客が乗っていたのだが、
もし、定刻に発車しようとして豊橋駅を襲った空襲に巻き込まれたなら、
乗客が火の海に襲われていたかも知れなかったのだ。

規定に反してまでも列車を発車させた豊橋駅長の判断は、1000人以上の乗客の命を救ったことになる。

拍手[0回]

PR
728 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 09:46:45.58 ID:2fbl4Jyl
戦争末期に日本本土周辺にB29から機雷がばらまかれている事はみなさんご承知の事だと思う
ある瀬戸内の島の周囲も同様で、爆撃なのか機雷投下なのか区別はつかないが島の周囲によく爆弾をおとされていた
ある日、島の田んぼの真ん中に落下傘のついた爆弾が落ちてきたが、泥のせいなのか爆発せずに残っていた。
島の学校に近いこともあり警防団で善後策を協議した結果、人も漁船も通らない島の裏に捨てようと決まり、みなでえっちらおっちらどうにか運んで海中投棄に成功した

なお、島の駐在さんを通して海軍に連絡した結果、パラシュートのついたのは機雷で、海に捨てたことによって起爆スイッチ入っちゃったから絶対に近づくなとめちゃくちゃ怒られたとの事

拍手[0回]

175 名前:名無し三等兵[] 投稿日:2014/02/20(木) 14:13:00.12 ID:IjLy7a2d
タイに進駐した我らが日本南方軍
宣撫のため南方第16陸軍病院が無償で住民を治療していました。
なんでもマラリア、コレラ、赤痢、デング熱などの恐ろしい病気が日本軍の病院に行くと治ったので感謝されたそうです。
しかし、ある日美しい娘さんを連れた夫人が「娘を治してください。どんな高僧も医者も突き返されました。」と一言
軍医さんが娘を検査すると、股間には立派な一物が、そして胸には立派なアレが。
両性だったそうです。
軍医は会議を開き、娘さんには卵巣と子宮が無いが睾丸がありオナニーをさせたら射精したので生殖能力がある、と結論付け
娘さんの同意を得て、乳房脂肪摘出術を行い、男にしたそうです。


192 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/02/22(土) 03:45:24.64 ID:???
>>175
両性具有の話は海南島でもあったね。
そん時は治療を諦めたとか…
でも性同一性障害よりか苦痛は少ないか…?
当事者以外には解り得ないことって沢山あるな…

拍手[0回]

33 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/01/16(木) 21:31:49.94 ID:???
戦時中の話ではないが

当時の皇族の男子と言うものは当然のごとく陸海軍軍人として教育を受けるわけであるが、
教育内容はともかく、生活一般は他の生徒とは扱いが異なり、お付き武官が付いて回り色々と世話を焼き、時には厳格なマナーの指導をするものでした。

海軍に回った皇族の場合だと江田島の海軍兵学校に入学され教育をうけるのですが、この江田島という場所は良く言えば世俗の誘惑を断つ島であり、
休日と言えばクラブ(といっても下宿の二階)でレコード聴くか、将棋を指すか、駄菓子を喰うか、もしくは古鷹山に登山するぐらいというまさに質実剛健な教育環境でした。

という事で兵学校下級生などは俸給を頂いても呉の市街地で悪い遊びを許されるわけでなく、酒を飲めるわけでなくといった所なので精々駄菓子を買うぐらい。
とはいえ、一般生徒ならともかく皇族ともなれば下賤の駄菓子なんか食べて腹を下してしまうと、お付きの者は腹を切らねばならぬような時代、
買い食いするな衛生に気をつけろと口酸っぱく諭しても、そこは同級生の悪ガキに感化されるため一つも言う事聞いてくれない。

という流れがあったため、高松宮殿下(昭和天皇の弟宮)は俸給を取り上げられていたようである。




なお、殿下は殿下で駄菓子屋で誰かを見つけると、「オイ50銭貸してくれ」とか「饅頭1つオレにも呉れ」と隠れてやっていた模様

拍手[0回]

835 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2013/05/10(金) 22:02:45.98 ID:???
広島の話に便乗して終戦後の広島市内での話

ぼつぼつ焼け跡にバラックが建ち、疎開先から戻ってきた人
復員した人、生き延びた人々の生活が始まった。
上空からの写真を見ると市内はほとんど建物がなく辛うじて
コンクリート製の建物が残っているだけの焼け野原。
だがそれでも元気な子供たちというのはいるもので

「いやあ、焼け跡は面白かったですよ」「ピストル、勲章、鉄兜。焦げてるけどなんでもあった」
「全部拾い集めて戦争ごっこしましたね」

大変ではあったがこんな風に暮らしていた人もいた様子。

拍手[1回]

777 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2013/04/05(金) 15:55:54.04 ID:???
インドネシアの津波被害に救援に駆けつけた日本の自衛隊。
衛生部隊が野外医療設備を設営し、
医務官達が現地の人々の病気や怪我を無料で診察することになった。
すると、開設の翌日には朝から長蛇の列が!
医務官が「どこの具合が悪いのですか?」と尋ねると、
笑顔でオヤジがこう答えた。
「お医者様というのに生まれてこの方診てもらったことがないので、
タダって聞いて隣町からやってきました」
最初はマジでこんな有様だったらしい。

拍手[1回]

538 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2013/01/30(水) 04:47:17.35 ID:???
1 名前:守礼之民φφ ★[] 投稿日:2013/01/30(水) 04:43:49.99 0
人気アニメ『ガールズ&パンツァー』は、女子高生が淑女のたしなみとして戦車に乗る
「戦車道」をきわめるために仲間たちと切磋琢磨していく物語だ。ミリタリーと萌え要素の
まさかのコラボで日本だけでなく外国でも人気を博している。

『ガールズ&パンツァー』、通称「ガルパン」は、中国でも親しまれているのだが、
先日、中国解放軍主管の軍事紙がガルパンを名指しで批判をし注目を浴びている。

なんと「ガルパンには美少女を隠れ蓑とした軍国主義の悪意がしくまれている」と批判したのだ。

話題の記事を発表したのは軍事系新聞『中国国防報』だ。
同紙では、ガルパンの批判にほぼ紙面まるまる1ページが割かれている。

かなり力が入っているようだ。以下がその内容である。


539 名前:名無し三等兵[age] 投稿日:2013/01/30(水) 04:47:48.15 ID:???
【中国国防報のガルパン批判内容(抜粋)】 
・ガルパンは、一見、可愛い女子高生が仲間と助け合い成長していくいい話。
・しかし、各校は、米、英、独、ソ、伊、そして日本それぞれの国を想起させる。まさに第二次世界大戦そのものである。
・戦車の描写はミリタリーファンも納得できるほど緻密で正確。戦車のメンテや通信、偵察方法なども軍の教材としても使えると言ってもいい。
・劇中で軍歌が多用されているのも問題。特にプラウダ高校の「カチューシャ」のネット上での盛り上がりぶりはひどかった。
・「萌え」でごまかすとは非常に巧妙。ガルパンには美少女を隠れ蓑とした軍国主義の悪意がしくまれていると言える。
  
この記事に対し中国ネットユーザーは

「萌えが全くわかっていない」
「たかがアニメじゃん……」
「深読みしすぎ」
「一体何に洗脳されたんだ!」
「クソ笑った。もっと続けろ」
「番宣に見えるのだが(笑)」
「中国の戦車が出てこないから悔しいんだろ(笑)」
「平和なときもわざわざ問題を探すなんて大変だね」
「アニメの世界くらいほっといてよ」

などとコメント。冷ややかな反応が多い
 
ちなみに国防報の紙面では、劇中の人物やエピソード例が多く挙げられている。
非常に詳しく、ネット上でさらっと調べた程度ではないようだ。

実は、ガルパンのファンなのだろうか、それとも論破するために
「敵を知る」ところから始めたということか……真意が気になるところである。

ソース(ロケットニュース):
http://rocketnews24.com/2013/01/29/289090/

拍手[2回]

456 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2013/01/17(木) 23:08:26.69 ID:???
昭和16年初め、東京・帝国ホテル。
当時の料理長、石渡文治郎が、部下の若手コック13名に指示を下した。
「調理場の銅鍋を集め、隠せ」。

日露戦争を経験していた石渡文治郎、このまま戦争が激化すれば、
鉄や銅製品はいずれ没収されることになり、
料理人の魂ともいうべき銅鍋も、必ず取られることを予見していたのである。

隠し場所は帝国ホテルからやや離れた、直営レストラン「リッツ」の地下二階。
大八車に銅鍋を積み、菰をかぶせて荒縄で縛り、
裏道を通るとかえって怪しまれるとばかり、日比谷の表通りを経由して丸の内警察署の横を通り、
500個以上の銅鍋のこと、一度運ぶのに20分を毎日、それが一週間以上続いたのだが、
堂々と運んだのが功を奏したのか、一度も見咎められることはなかった。

作業が一段落してしばらくすると、案の定、政府から8月30日に「特別金属回収運動」が発令され、
やがて調理場に残されていた鍋は、ほとんどが献納されてしまった。
「帝国ホテルが鍋を献納」が、新聞に大きく扱われた一方で、
石渡料理長が部下たちに、堅く口止めをしたのは当然の成り行きであった。

太平洋戦争が開戦になると、作業にあたった若手コック13名はことごとく召集され、
うち10名が戦死、終戦後、帝国ホテルに帰ってきたのはわずかに3名。
その3名も、戦後の混乱の中、隠した銅鍋のことはすっかり忘れてしまっていたが、
やがて古株のコックから「戦前に使っていた銅鍋がどこかにあるはずだ」という話が出た。

では一度確かめよう、ということになり、調べにいくと、
隠したそのままの状態で眠っていた銅鍋が発見されたのが、昭和29年。
13年間眠っていた銅鍋は、今もなお、帝国ホテルの調理場で使われている。

拍手[1回]

447 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2013/01/16(水) 20:00:34.62 ID:???
昭和20年3月9日、東京・吉原遊郭。

この日は吉原の勤労奉仕の日に当たり、
芸者衆は見番の二階に集まり、麻縄を編んで国会議事堂にかぶせる偽装網を作っていた。
ただでさえ戦時のことで栄養失調の芸者衆が、力の要る仕事をやったため、
夕方、勤労奉仕が終わったときには、皆疲れ果てていたという・・・が、

翌日、3月10日未明の東京大空襲で、偽装網どころか吉原遊郭は全滅してしまう。
生き残った花魁たちには店主の意思で自由選択が与えられ、
故郷へ帰ったり、知り合いのところへ身を寄せたりと、吉原を離れていった。

しかし、5月になると当局から、吉原遊郭の貸座敷の組合に復興命令が下った。
「東京の男たちの戦意昂揚のため、また東京の治安を守るため、遊郭は必要である」。

吉原にはかろうじて焼け残った鉄筋の建物が7軒あり、
そのうち4軒が疎開先からかき集められた大工の手で、大急ぎで補修され、
何とか娼館として営業できる体裁が整った、
そうなると、今度は吉原を離れた花魁を呼び戻さなくてはならず、
吉原の組合が花魁の落ち着き先を調べて連絡を取り、戻った花魁は四十数人。

8月5日、吉原遊郭が仮の建物で営業を再開すると、たちまち行列が出来るにぎわいを見せたのだが、
8月15日、終戦と同時に閉店。
わずか10日ばかりの営業のあと、建物はすすきに覆われるばかりとなったという。

拍手[2回]

691 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2012/02/15(水) 19:54:01.91 ID:???
会社の社員旅行で韓国に行ったときの話。

ガイドのおばさん、最初のうちは韓国ドラマのネタなど一生懸命説明してたんだけど、
何せ、ウチの会社っておばちゃんだらけ、そのうち、おばちゃんたちと話すようになる。
横でその話を聞いてたら、

「日本って、子供が軍隊に行かなくてもいいんでしょ?
今、わたしの息子が軍隊に行ってるのよ。
わたしも母親なの、ものすごく心配だし、息子が軍隊に行かなくてもいい国のお母さんがうらやましいのよ」。

これぞ母心というものか。

拍手[1回]

カウンター
ランキング
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
最新コメント
[09/02 名無し三等兵]
[04/21 名無し三等兵]
[04/18 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/28 名無し三等兵]
[09/07  ]
[08/29 名無し三等兵]
[08/23 名無しの幽霊さん]
[07/22 名無しの幽霊さん]
プロフィール
HN:
名無し@従軍記者
性別:
非公開
Twitter
バーコード
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   戦時中、戦場でのほのぼのとした話@軍事板   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]