忍者ブログ
軍事板「戦時中、戦場でのほのぼのとした話」スレまとめサイト
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

33 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/05/31(日)13:30:57 ID:p4H
ニューギニア砲兵隊戦記からのはなし

戦争末期の頃、密林にある日本の砲兵陣地の正確な位置わからないとかで敵が毎日薄く広く砲撃してきていた。
ある日、兵士がいつもの砲撃だと蛸壺に隠れていると突然背中に何かが落ちてきた。
なんだと思い背中を確認するとそれはなんとカンガルーだったのだ。

なんでも密林に砲撃すると木の葉や枝にあたって空中で爆発し、色んなモノが落ちてくるとかで
偶然木の上にいたカンガルー?が蛸壺の中に吹っ飛んできたのであった。

なおその日の食事には兵士全員、飯盒の蓋に小指ほどのお肉がついてきたとか

拍手[0回]

PR
8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/02/08(日)11:32:57 ID:nsr
日露戦争のとき日本の塹壕に手紙が投げ入れられた。
内容は「私の母に私は元気ですとだけ電報を打って欲しい。」とロシア語で書かれていた。
手紙には一緒に金貨が何枚か入っていた。
数日後ロシアの塹壕に手紙が投げ入れられた。
内容は「言われたとうり電報を打っておいた。しかし少し金が足りなかったから私が足りない分を出しておいた。」

拍手[2回]

905 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/23(木) 20:41:20.75 ID:jTgr0G5m
>>896
ずいぶん昔の月刊「GUN」に、じいちゃんのフィリピン戦記として投稿された話があった。

緒戦のフィリピン戦線で、米軍を追撃していた投稿者のじいちゃん、
投げ捨てられていた米軍の小銃を拾った。
支給されていた三八式だと、撃ったら薬莢を回収しろとか何かとうるさいんだが、
拾いものの米軍小銃ならあとのことを考えなくてもいい、撃つだけ撃ってあとは捨てたとか。


906 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/24(金) 18:27:55.06 ID:77S36Cee
薬莢を回収しろって、自衛隊か?


907 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/24(金) 20:58:50.19 ID:fdIMIO56
>>906
旧軍もやってた伝統行事なのしらんの?
旧軍のは再利用が目的だし自衛隊ほどはやかましくなかったそうだが


908 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/24(金) 21:01:41.88 ID:ixJUyGqL
>>906
平時には、自衛隊ほどではないにしろ、薬莢を回収していた。

日中戦争中だったか、初実戦で敵弾が飛来する中でも、薬莢がコロコロ遠くに転がっていったときに、思わず
誰もが薬莢拾おうとしたって話を聞いたことがある。


http://blog.livedoor.jp/dsicorp-omoshiro/archives/6765929.html
> 旧軍でも薬莢は回収していたとのことです。
> そこで件の小隊長が支那事変出兵時、部下の兵から「小隊長殿、薬莢は回収するのですか」と質問を受け
>ました。実戦ですので件の小隊長は「バカ、実戦だぞ、薬莢など回収しない」と答えました。
> ところが、戦闘が終わってみると自分のズボンのポケットがなんだか重い、中を確かめてみると、それは薬莢
>だったのです。「訓練とは恐ろしいものだぞ」というのが教訓・戦訓でした。

拍手[1回]

896 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/20(月) 15:21:09.05 ID:IWLcrWun
20年以上前の学生時代に奈良かどこかの競馬場だったか、場所はあんまり覚えていないんだが警備のバイトを1日だけした
そこに70は過ぎているだろうってジイさんが働いていて、戦争中の話を休憩中にしてくれた
「米軍はちょろい、こちらが大声あげて攻勢かけたらあっさり退いて行く」
「英軍はなんかいろいろな奴らがいて(インド兵か?)大声あげても驚かない。むしろコッチにやってくる」
「三八式はよく当たるが癖のある小銃だった。拾った米軍の小銃を試し撃ちしたら、反動は大きいが扱いやすい。しかしこれを以って帰るわけにも行かず……」
もちろんどこまでホントなのか分からない


897 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/21(火) 22:40:50.77 ID:z3l1FBhQ
あんまり辛い体験はしなかった人なのかも。
反動が強いけど扱いは易しい=M1903?
逃げ腰なアメリカ軍と植民地兵多目のイギリス軍と言えば、緒戦のフィリピン~マレー、あとは蘭印かビルマ?
この辺に参加したのは第4、第48師団かな。第48師団は隷下部隊の多くが太平洋で玉砕してるけど、第4師団はバターン半島、コレヒドール島攻略で活躍して、そのまま攻撃戦力としてスマトラ攻略に参加。多くは以降タイの国境警備に就いて終戦という強運師団。
ただ歩兵第61連隊はインパールに参加し、敗退の中で殿として激戦をやってるみたい。
本当ならヤヴァい人である。

拍手[0回]

880 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/16(木) 12:40:40.96 ID:Yp/Mjruj
フォーサイスの「神の拳」(だったと思う)にイラクに派兵される兵士に対して、少しぼけたじいちゃんが
「お前ら日本兵には気を付けろ。あいつらは気づいたら後ろにいる」
「じいさん、俺たちが行くところには日本兵なんていないよ」
「何を言うか。そんなことではry」
ってな描写があった
フィクションとはいえ、いまだに日本兵はそういう扱いなのかとおもた


881 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/17(金) 18:23:00.99 ID:JcGd6Cmw
朝鮮戦争関連の本を読むと、米軍は北朝鮮軍をかなり恐れていたらしい
理由は「彼らは5年前まで日本軍だった」から
実際はソ連式の訓練を受けていたようだが
しかし中国義勇軍に対してはなめてかかって、痛い目にあわされることになる
米軍の日本兵アレルギー?ってのはあるんだろうけど、海兵隊が日本陸軍の戦い方を取り入れたり、「ガンホー」(中国語で「工夫」)とか、柔軟にマネをするのはすごいなとも思う


883 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/17(金) 23:17:59.32 ID:cPpiF6ey
韓国にも旧日本軍がいたんじゃなかったっけ?


884 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/18(土) 10:09:12.67 ID:CwNo74ji
>>883
歴代の韓国軍参謀総長を見ると、72年に就任した第20代参謀総長・盧載鉉大将までは、全員が日本軍での軍歴がある
みたいだからの。

米軍供与の対戦車火器が通用しないことが判明すると対戦車肉攻を実施したり、一部の指揮官は軍刀下げていたり、
突撃の際は将兵ともにバンザイ連呼するなど、「米式装備の日本軍」と言われるだけの要素は色々ある。


885 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/18(土) 11:49:35.40 ID:BZ/+L4QT
ま後に大統領になるようなのも日本での軍事教育受けてるからな
朴正煕は勤務先は満洲国軍で帝国軍人ではなかったけど


886 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/18(土) 13:42:11.44 ID:7zv9mi8u
韓国軍は士官クラスの一部が旧陸軍での経歴があるけど、
北朝鮮軍はシベリア抑留された旧陸軍軍人がそのまま部隊として返されたと考えている人もいたしね

拍手[0回]

871 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/15(水) 00:11:56.20 ID:d7iFOC4B
日露戦争で旅順を攻めあぐねていた時、東北のマタギの兵が「地下道のロシア兵をいぶりだすのなら、この草を燃やせばいい。狸はそうやって獲る」
それを聞いた指揮官はあっさり採用。この辺当時の士官が頭が軟らかい
煙でいぶされたロシアは「日本軍は毒ガスを使った。非人道的な……」
しかし、草を燃やしただけの煙だと日本が発表すると、ロシア側がアレな欺瞞工作をしたと世間に認識されることになる



875 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/10/15(水) 12:43:21.91 ID:sOWr58ma
>>871
喜左衛門・太三郎「帰ろっかな」

拍手[0回]

821 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/22(月) 22:33:42.36 ID:xelqm5rX
朝鮮戦争に参戦した多くの米軍パイロットは「赤毛のPおったで!!」と報告していた。しかしソ連軍が参戦した確証は90年代まで得られることが無かった。
連邦崩壊による資料公開で明らかになったのは、スターリンが積極的に朝鮮戦争へ介入させていたことと、派遣されたミグPに厳しい制限が課せられていたことであった。

第一にミグPは平壌と元山を結ぶ線から南に出てはならない。第二に国連軍艦船の居る西海に出てはならない。
これにより西海は国連軍機の聖域に、平壌―元山線以北はmigalleyとしてミグPの聖域となった。どちらも墜落/脱出の際にソビエト人Pが国連軍と接触するのを避ける為の措置である。
しかしこの程度、大戦のエースパイロット率いる赤軍飛行師団のミグPにとってどうということはなかった。問題はむしろ数週間に渡って行われた中国語促成教育で、ロシア語の無線通信を傍受されるのを避ける為の措置だった。母国語での機上通信は禁止された。
教育もそこそこに、彼等は勇躍ミグに乗りこみ、満州を発って鴨緑江を越えた。数十機の戦闘爆撃機が操車場を襲撃している。ミグP達は敵の編隊を確認すると一気に無線通信を活発化させた。ロシア語で…。

拍手[1回]

795 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 09:38:44.07 ID:oFCV/wZd
家康なんて、三方原の合戦で退却。
茶店で休憩中に敵の追手に気づいて、カネも払わずに遁走したことがある。
で、茶店の婆さんが追いかけて家康からカネを取った場所が、
浜松市の銭取という地名に現在も残っとる。

http://www2.odn.ne.jp/mochiaruki/chimei/zenitori/zenitori.htm


796 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 10:12:41.00 ID:ooFkK3f4
茶屋、夜間営業してるんだ。。。


797 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 13:53:48.39 ID:YWbjfmT3
え、それが驚くポイントなの


798 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 11:04:44.35 ID:ajJBRZuU
そんなの あくまでも伝説だから
三方原の敗走で 茶屋でのんびりとモチ食っている余裕はない


799 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 13:58:13.06 ID:wwOWApET [1/2]
先週のNHKのヒストリアで関ヶ原の百姓が戦が終わっても村民が怖がって帰ってこない
このままでは秋の麦蒔きもできず村は崩壊する
っていうんで、近江にいる家康さんのところまで追っかけて、禁制を出してほしいって命がけの直訴するってのをやってた
それで禁制出してやる家康さんに萌えた


800 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 20:33:06.30 ID:IetPKcSQ
茶屋でのんびり、ではなく軒下に干してあった切り餅?を失敬して
追いかけられたとか言うバージョンもあったような>権現様食い逃げ


801 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 21:33:14.92 ID:EeHNxEDc
敗走する軍隊を追跡して肉迫って、どんな婆さんだよ。


802 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 21:53:24.98 ID:wwOWApET [2/2]
たぶん漫☆画太郎先生の婆みたいな人だよ


803 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 23:24:13.73 ID:crDIJV+Q
いまは
まん○画太郎 先生だろ。
ったく気をつけろ


804 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 23:46:22.03 ID:y/CvxBoA
もしかしたら一個大隊くらいの婆さんが追ってきたのかもしれんな。


805 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 23:50:05.36 ID:NDv/7Cah
>>804
なにそのラストバタリオン


806 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/19(金) 00:03:33.51 ID:VHlBVsr3
そこはラストオバタリオンと言って欲しい(違


807 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/19(金) 00:08:02.31 ID:9v+1Ao3P
もっと言えばラストオバタリアンと(ry


808 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/19(金) 00:21:49.70 ID:nEeXH+ji
タイムセール時のみたいに鬼気迫ったババアの集団に追撃掛けられるのか
そりゃ武士の総大将もウンコちびるわなw


809 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/19(金) 10:11:08.84 ID:O1Jnb3Gi
そりゃウンコの匂いをプンプンさせながら餅食って
さらに食い逃げされたら誰だって怒り狂うだろ


810 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/19(金) 13:42:28.61 ID:lL7qAE5V
もしかしたらその茶屋の餅が悪かったせいで腹壊したのかもしれないじゃないか


811 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/20(土) 09:05:05.57 ID:yK9v5Gn0
>>810
内府殿、言い訳は見苦しいですぞ


812 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/20(土) 11:47:42.16 ID:O4hS4eUR
ばあさんが武田の間者と言う可能性も


813 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/20(土) 14:12:17.17 ID:p87BQILm [1/2]
国内の傑物を放置していた、そんな程度の国内掌握力
負けるべくして負けた家康


814 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/20(土) 14:53:14.65 ID:Swv+kM8c
むしろ放置、籠城に徹しきれず、
出陣して、こてんぱんにやられた。


815 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/09/20(土) 17:38:23.16 ID:p87BQILm [2/2]
馬で全力逃亡する家康に駆け足で追いついて「カネ払え」
その距離、半里
http://www2.odn.ne.jp/mochiaruki/chimei/zenitori/zenitori.htm
三方原古戦場開戦推定地-(5km)→小豆餅-(2km)→銭取-(3km)→浜松城

茶屋の婆とその一族を動員できていれば、
ルーデル、舩坂、シモヘイヘ並の活躍をしただろうという話

拍手[0回]

703 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/08/25(月) 14:14:33.30 ID:Qu8vN1Ey
軍属で南方某地にいた祖父。
戦時中、何度か本土帰還のチャンスがあったけど帰らなかった。

食い物が、特に果物が美味かったから、が表向きの理由。
本当は・・・奥さんが、つまり祖母が怖かったから。

拍手[0回]

480 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2014/04/29(火) 00:22:57.05 ID:Li+oeUWc [1/2]
「長く持たないな」
 そう思ったのはポールだけではなかった。
 ベルリン爆撃の帰路、数十の敵機が前上方から襲いかかった。
 爆撃機編隊は大きな損害を受け、墜落して行く機も出始めていた。
 ポールのB-17も高射砲弾を受けて今や二発のエンジンが停止し、それも敵機の銃撃で残り一発となった。次の銃撃はコクピットを貫き、コパイの頭を吹き飛ばした。
 その数秒後には動力銃座で頑張っていた航空機関士が転がり落ち、腕に重い銃創を負っていた。

 ポールは揚力を失う機と格闘したが、まず英本土へ辿りつけないと判断し、全乗員を脱出させた。
 最後、きりもみに陥った機から彼が飛び出すと、上空では今も激しい攻撃が続いていた。
 この恐ろしい時間の後、ポールは無事畑地へと降りられたが、パラシュートを埋めようと夢中になり、時間を食ってしまった。
 そうして彼が一息つくと、遠くで手を振っている人影を認めた。
「しめた! レジスタンスだ! 僕はついているぞ!!(だがここはドイツだ!)」
 ポールは逃げ出し、相手は軍用犬を放った。しかし彼は悪夢の中でそうするように、極めて鈍くしか走れなかった。
 巨大なドーベルマンはポールの尻に噛みつき、ポールは大人しくなった。
 追って来たドイツ兵は犬を落ち着かせ、ポールに言った。

「お前にとってツァ・ヴァル(ザ・ウォーのドイツ語訛り)は終わったのだ!!」



481 名前:名無し三等兵[] 投稿日:2014/04/29(火) 00:29:43.24 ID:Li+oeUWc [2/2]
 しかし、ポールの戦争は終わっていなかった。
 一年後、一年振りのシャワーの最中に突入してきたシャーマン戦車の砲撃で死にかけた彼は、ようやく悲惨な捕虜生活から解放されたものの、その五年後には朝鮮半島でヘリを飛ばしていたのだ。

 ポール・ヴァン・ヴォーベン中尉は第三航空救難飛行隊(3ARS)F分遣隊に所属し、緊急搬送任務で何度か前線へ飛んでいた。
 だから直属の上官、レイ・コステロ大尉に呼び出された時、その言葉を熱心に聞いた。

“ 敵地で友軍機が撃墜され、パイロットの近くには敵部隊が迫っている。
 友軍の編隊が上空を旋回して援護しているが、海からの救出には時間が掛かり、到達するまでにパイロットが失われる恐れが大きい ”

 状況説明を終え、大尉は言った。
「君が望むなら、情況を見る為に飛んでもよい。しかし戦線を越えないようにして欲しい。我々はそこまでは要求されていない」
 大尉はそこで一瞬ためらい、
「そうだな、これについては君自身で決めてくれてもよい」
 と付け足した。
 ポールは飛行帽と皮ジャンパーを抱え、哀れな航空医療員ジョン・フェンテス軍曹を呼びに行った。
 もし自分がそれを防ぐ力を持っているのであれば、仲間をあのような悲惨な運命に任せてしまうことは出来ないと、ポールは強く考えていた。

 彼はこの数時間後、戦場から糞まみれの男を救い出し、初の戦闘中捜索救出任務(戦闘SAR)を成し遂げた。

 クリムゾンスカイ-朝鮮戦争航空戦-より
 (J.R.ブルーニング 著/手島尚 訳)

拍手[0回]

カウンター
ランキング
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
最新コメント
[09/02 名無し三等兵]
[04/21 名無し三等兵]
[04/18 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/28 名無し三等兵]
[09/07  ]
[08/29 名無し三等兵]
[08/23 名無しの幽霊さん]
[07/22 名無しの幽霊さん]
プロフィール
HN:
名無し@従軍記者
性別:
非公開
Twitter
バーコード
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   戦時中、戦場でのほのぼのとした話@軍事板   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]