忍者ブログ
軍事板「戦時中、戦場でのほのぼのとした話」スレまとめサイト
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

471 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2013/01/21(月) 17:50:02.66 ID:???
栃錦はやっと十両に昇進したときに軍隊にとられたが、その新兵時代に
相撲に自信のある古参下士官がいて、「おい、そこの大塚というデッカイ新兵、
相撲で鍛えてやるからマワシをつけろ」と、ご指名をうけた。

その古参下士官はまさか彼が本職で、しかも十両力士だとは夢にも知らなかった。
栃錦は、相手は上官だから手加減をしようか・・・と思っていたが、古参下士官は
栃錦の素振を(この初年兵、おれを怖がっているな)と解釈して「うおおう」と
双差しを組んできた。
栃錦は、なるべく優しく巻き返して古参下士官を土俵に沈めたが、負けず嫌いの
下士官は「おい、もう一番来い!」
だが、三番とったが結果は同じ。むきになる下士官に初年兵の一人が声をかけた。

「班長殿、いくらなんでも十両には勝てませんよ」
大相撲の十両と聞いても、その下士官はしばらく信じられない様子だった。
それほど栃錦は小兵であったのである。
しかし、相手が本職の十両だと知ると、他の兵隊たちも
「本職と取り組んで、あそこまでやったのはさすがに古参士官殿だ」
何とか面目は保てた。

「栃若時代」 小坂秀二著



472 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2013/01/21(月) 23:36:25.38 ID:???
wikiだと178cm、132kgってある
十両の時はもっと軽かったんだろうけど(1947年入幕時75kg!)、身長178cmは当時としてはかなりの長身だ
今だと190cmの大男に170cmの普通人が挑みかかるようなもんか

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カウンター
ランキング
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
最新コメント
[09/02 名無し三等兵]
[04/21 名無し三等兵]
[04/18 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/28 名無し三等兵]
[09/07  ]
[08/29 名無し三等兵]
[08/23 名無しの幽霊さん]
[07/22 名無しの幽霊さん]
プロフィール
HN:
名無し@従軍記者
性別:
非公開
Twitter
バーコード
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   戦時中、戦場でのほのぼのとした話@軍事板   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]