忍者ブログ
軍事板「戦時中、戦場でのほのぼのとした話」スレまとめサイト
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

717 名前:最高にほのぼのとした実話[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 14:52:55.76 ID:???
アドリア海の小さな島(人口67名)の守備隊にイタリア陸軍第XXX歩兵師団の名もない一分隊6名が派遣された。
分隊長以下6名は毎日平和に任務に就いていたが、何せ連合軍の上陸進路から外れていたせいで
敵は来ないは、することはないわで毎日暇を持て余していた。
士気の低下を恐れた分隊長は町の人に何か仕事を手伝わせろと、大工仕事や野良仕事を手伝うようになった。

走行していくうちに、分遣隊は街の人たちに溶け込むようになり、
やがて、部下も含めてそれぞれが恋人を作ってしまい、結婚まで誓うものさえ出てきた。

そんなある日の午後、久々にこの島に本隊の伝令らしきものが小舟でやってくるのが発見され、
全員が色めきたった。あわてて軍服を引っ張り出し、総勢で迎えに出た。
将校は敬礼を返しながら訝しげにつぶやく…

「ん?君らは何だ?ここで何してる?」

船から降りた将校は、終戦でこの島に戻ってきた元村人だった。

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
村になじんだところで終戦か。
このまま村に残った兵隊も居たんだろうか。
名無し三等兵| | 2013/07/11(Thu)01:14:40| 編集
カウンター
ランキング
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
最新コメント
[09/02 名無し三等兵]
[04/21 名無し三等兵]
[04/18 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/28 名無し三等兵]
[09/07  ]
[08/29 名無し三等兵]
[08/23 名無しの幽霊さん]
[07/22 名無しの幽霊さん]
プロフィール
HN:
名無し@従軍記者
性別:
非公開
Twitter
バーコード
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   戦時中、戦場でのほのぼのとした話@軍事板   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]