忍者ブログ
軍事板「戦時中、戦場でのほのぼのとした話」スレまとめサイト
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

716 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 14:16:08.10 ID:???
角田和男氏の著書から
ラバウルの激烈な航空戦で、ある下士官が飛行機に乗るのが怖くなって
サボタージュしてるからなんとかしてほしい、と角田氏に相談が持ちかけられた。

角田氏は一升瓶を片手に持っていき、陽気にふるまって怖がる下士官に
「お前はオレが守る~」などと、なだめて説得させた。
その後の出撃の時、編成の都合で当の下士官は角田氏と別れてしまい、
別の小隊長となって翼を連ねた。
敵機と遭遇したとき、当の下士官は不可解な行動をとって敵機をひきつけ、
角田氏が見ている眼下で不利な空戦をやって未帰還となってしまった。
角田氏は説得させて飛行機に搭乗させた下士官を守れなかったことを後悔して
帰途についていたが、その途中でドキリと先ほどの空戦の真実を悟った。

角田氏の小隊は前方の敵機群は確認していたが、当の下士官は別の敵機群が
いたことを知っていたのではないか?
角田氏の小隊を有利な後上方から迫ろうとする第2の敵機群から守るため、
ワザと不利な空位を敵機にさらけだしたのではないか、と。

角田氏は、お前を守ってやる、と豪語しながら、逆に犠牲となって守ってもらった
立場を思うと、涙が頬を伝わって機上で嗚咽したのであった。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カウンター
ランキング
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
最新コメント
[09/02 名無し三等兵]
[04/21 名無し三等兵]
[04/18 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/28 名無し三等兵]
[09/07  ]
[08/29 名無し三等兵]
[08/23 名無しの幽霊さん]
[07/22 名無しの幽霊さん]
プロフィール
HN:
名無し@従軍記者
性別:
非公開
Twitter
バーコード
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   戦時中、戦場でのほのぼのとした話@軍事板   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]