忍者ブログ
軍事板「戦時中、戦場でのほのぼのとした話」スレまとめサイト
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

157 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2011/10/21(金) 14:32:07.51 ID:???
ゲンコツされて始まった猫八師匠のラバウル生活。

パパイアの青い実をぬかみそ漬けにしたり、バナナを天ぷらにしたりと南国生活を楽しんでいた。
しかし時は戦時下、猫八師匠の機関銃隊にも作戦参加命令が…。
兵器受領の為に集まると92式に比べてスラリとした軽機のような銃が並んでいる。
「お、新兵器かな?」
と思ったら支那事変当時の旧兵器、弾薬箱にかかれた製造年月日も新しい。
物資不足なんだなぁと不安になった猫八師匠。
ところがその物資不足で猫八師匠の隊まで兵器が行き渡らない。
それでは人員食料無駄だと広島の本隊に帰還することになったとさ。


さて、それじゃあまたラバウルに来ることはないだろうと
船の傍で思い出つくりに戦友と泳ぐことにした猫八師匠。
そこに突然水兵さんが大声で叫んでくる。
「サメだーっ!速くあがれーっ」
一目散に縄梯をつたって船に上がると
大きな鮫が数匹ゆらーりゆらーり、先ほどまで泳いでいた場所を回遊している。
間一髪で助かったなぁと戦友と話していると一部始終をみていた船員さんが笑って
「あれはネコザメ、食付きはしませんよ」と教えてくれた。
南方ラバウル、空襲あれどもほのぼのとした日もあったようで

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ランキング
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
最新コメント
[09/02 名無し三等兵]
[04/21 名無し三等兵]
[04/18 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/10 名無し三等兵]
[02/28 名無し三等兵]
[09/07  ]
[08/29 名無し三等兵]
[08/23 名無しの幽霊さん]
[07/22 名無しの幽霊さん]
プロフィール
HN:
名無し@従軍記者
性別:
非公開
Twitter
バーコード
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   戦時中、戦場でのほのぼのとした話@軍事板   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]